knee

整形外科における私たちの特徴として、肩関節や膝関節への関節内注射が得意であることは挙げられると考えています。痛みに配慮するようにしていることはあり、痛みが少ないというお声もいただいております。

「痛いからイヤだ」などの理由から、投薬に必要な期間を延ばしてしまう患者様もいらっしゃるということを考えております。痛みを極力おさえることで、投薬の継続を可能にし、短期間での治療で済むようにもなると考えています。

整形外科の対象になる病気や症状

整形外科では、主に打ち身や捻挫、骨折などをはじめとしたケガによる外傷や、骨粗しょう症など体内環境の変化にともなって生じた身体の症状に関する診断と治療とを行います。

あらかじめ症状をお聞きした上で、問診、レントゲン撮影や超音波による画像診断、および血液検査による生理化学的な検査など、多面的な所見をもとに治療方針を決定しています。

当院によくご相談いただく症状には次のようなものがあります。

・加齢にともなう膝や腰、肩の痛み
・圧迫骨折に起因する背中や腰の痛み
・指や手首の腱鞘炎

ご年配の方によく見られる、骨粗しょう症に起因する圧迫骨折等については、痛みの緩和や予防・治療を行っています。定期的な血液検査や骨密度測定の結果をご説明し、骨の丈夫さを維持または回復できるよう、治療およびアドバイスをしています。

また、私たちの医院で診療対象とすることが多い病気には次のようなものがあります。

・変形性膝関節症
・肩関節周囲炎
・骨粗鬆症、それに起因する圧迫骨折
・外傷による骨折
・ねんざ
・外反母趾