hand in hand

心療内科における私たちの特徴の一つとして、診断した病気について、回復までにかかる時間や期間を丁寧に説明することが挙げられます。そのような見通しをお示しした上で、投薬する、投薬しないなど、治療方法の違いからくるメリットとデメリットについて説明いたします。患者様が納得したうえで治療に臨むようにしています。

そのようにすることで、治療方針を立てるにあたり、なるべく患者様の希望に沿った内容にしたいと考えております。

さらに、医師から一方的に指示されるような治療方法でなく、患者様ご自身に治療意欲をもっていただけるようにしていきたいと考えております。

心療内科の対象になる病気や症状

心療内科では、こころと身体とが密接に関連する症状の診断および治療を行います。対象とする症状は多岐にわたりますが、以下のような自覚症状および他覚症状が見られる方はお気軽に受診ください。

・頭痛
・めまい
・動悸、息苦しさ
・震え
・全身のしびれや痛み
・便秘、下痢など
・うつ病(抑うつ状態・新型うつ病など)
・不眠(入眠障害・早朝覚醒・昼夜逆転・睡眠リズム異常など)
・パニック障害
・不安、緊張障害
・パーソナリティ障害
・依存症(酒・タバコ・ネットなど)
・発達障害
・摂食障害(過食症・拒食症など)

また、心理カウンセリングも行っております。こちらも完全予約制となりますので、あらかじめご連絡の上、ご利用ください。